教えて薬剤師さん

管理栄養士も参加して
お答えします!!

毎日の大切な食事のこと、栄養のこと、
食育のこと、分かりやすくお伝えしてまいります。


教えて薬剤師さん

味覚障害で胃薬プロマックをもらいました。どうして効くのですか?

a-1味覚を感じるのは、舌の表面にある味蕾(みらい)という文字通り花の蕾(つぼみ)の形をした微小な感覚器官です。

味覚障害を引き起こす一番の原因としては、ミネラルの亜鉛不足です。その他にも味が濃い食材の過剰摂取や、タバコの吸いすぎなどにより生じる場合もあります。
味蕾という細胞は、短い周期で新しく生まれ変わっており、そのためにはたくさんの亜鉛を必要とします。つまり、亜鉛が不足すると細胞が生まれ変われなくなってしまい、味覚障害を引き起こしてしまうのです。

本日処方を受けられた、プロマックはご質問に書かれている通り、胃薬でもあります。プロマック錠の成分ポラプレジンク1錠中には亜鉛が16.9mg含有されており、味覚障害時の亜鉛不足を補う目的で処方されています

味覚障害はすぐには治りません。しばらくプロマックを続けて服薬することになるかと思いますが、頑張って内服治療を続けて下さい。

作成年月日:2016.12.1

【倉敷店 医薬品情報管理室】

詳細はこちら

Q.「炎症」って何ですか?

a-1炎症」とは一言で簡単に言うと、からだを守るために、からだの一部が熱を持ち、赤くはれたり痛んだりすることを言います。

もう少し詳しく説明すると、からだが、何かの有害な刺激を受けたときに、これを取り除こうとして防御する反応が起こります。普通は、その反応の起きている場所は熱を持ち、はれ上がり、赤みがさし、痛みを感じます。これを『炎症』と言います。

 
『肺炎』『皮膚炎』など、『○○炎』という病名がたくさんありますが、これらはその部分が炎症を起こしている病気です。例えば、肺炎は、肺に入ってきた細菌やウイルスに抵抗するために炎症を起こす病気です。アレルギーの場合も、外から入ってくる物質に反応して炎症を起こします。からだに侵入して悪さをする細菌やウイルスと、からだを病気から守る働きをする白血球が戦うと、赤くなったり熱を持ったりする『炎症』が起き、細菌やウイルスが白血球にやっつけられると、膿(うみ)になって出てきます。

作成年月日:2016.6.21

【倉敷店 医薬品情報管理室】

Q.医療用麻薬などの痛み止めを使いながら海外旅行はできますか?

a-1自己の疾病の治療目的で医療用麻薬を使用している者(海外の医療機関において治療目的で医療用麻薬を使用している者を含む)が医療用麻薬を携帯して海外旅行をすることは可能です。この場合、必要事項を記載した申請書に医師の診断書を添えて、お住いの地域を管轄する地方厚生局長提出し、あらかじめ許可を受ける必要があります。短期的に海外渡航した後帰国する場合などは同時に提出も可能です。
なお、渡航先によっては日本と異なる法規制がされている場合もあり、医療用麻薬を携帯しての入国についての可否などについては各国の在日大使館などに問い合わせ、トラブルが発生しないよう配慮が必要です。

作成年月日:2016.6.10

【日本原店 医薬品情報管理室】

Q使わずに残った医療用麻薬はどうすればいいですか?

a-1医療用麻薬は一般的な鎮痛薬とは異なり、患者さんご本人以外の方が使用したり、小さな子供さんが誤って使用した場合には重大な事故につながる可能性が高いため、普段の保管には厳重な管理が必要です。病状の変化(軽快、再入院、死亡)などにより、使用中止になった場合等で廃棄する際も一般のごみとしては廃棄せず、病院、診療所や保険薬局へ返納しましょう。この際、実際に処方、調剤した病院、診療所や保険薬局でなくても返納の受け付けは可能です。

作成年月日:2016.6.9

【日本原店 医薬品情報管理室】

Q.医療用麻薬の副作用には、どのようなものがありますか?

a-1主な副作用は悪心、嘔吐、便秘、眠気や呼吸の抑制などがあります。しかし、これらの副作用に適切に対応することで、多くの場合で治療の継続が可能です。

作成年月日:2016.6.8

【日本原店 医薬品情報管理室】

詳細はこちら

Q.医療用麻薬を使い続けると麻薬中毒になりませんか?

a-1医療用麻薬を鎮痛目的で使用しても快楽を得ることはできません。麻薬中毒とは、薬物を使用せずにはいられなくなり、極度の不安に襲われるなど、精神的、身体的依存状態になることです。しかし、医療用麻薬を鎮痛目的で使用しても、麻薬中毒になることはありません。

また、痛みが軽減したり、消失した場合は、医療用麻薬の量を減らすことや、中止することも可能です。ただし、薬を中止する際には必ず医師や薬剤師の指示にしたがってください。

作成年月日:2016.6.7

【日本原店 医薬品情報管理室】

Q.医療用麻薬を使い続けると効かなくなることはありますか?

a-1医療用麻薬を長く使用しても効果がなくなるということはありません。鎮痛目的での使用では、鎮痛効果がなくならないことが証明されています。また、精神的な依存をきたしやめられないこともありません。ただし、違法な乱用目的での使用では、いつも同じ快楽を得ようとすると量を増やすしかありません。鎮痛目的の使用で増量が必要になった場合は、痛みそのものが強くなったためであり、医療用麻薬が効かなくなったわけではありません。

作成年月日:2016.6.6

【日本原店 医薬品情報管理室】

Q.医療用麻薬にはどのようなものがありますか?

a-1医療用麻薬として使用されるモルヒネ・オキシコドン・フェンタニルは注射剤、内服薬(錠剤、カプセル剤、液剤、散剤など)として使用されるほか、坐薬や皮膚に貼って皮膚から薬剤が体内に入ることで効果を発揮する貼付剤もあります。患者さんの状態により適切な投与方法を選びます。

作成年月日:2016.6.2

【日本原店 医薬品情報管理室】

詳細はこちら

Q.医療用麻薬とは?

a-1

がんや慢性疼痛の激痛を抑えるため、法律で使用が許可されている麻薬のことで、WHO方式がん疼痛治療法に沿って医師の処方のもと使用されます。医療用麻薬にはモルヒネ・オキシコドン・フェンタニルなどがあります。

作成年月日:2016.5.30

【日本原店 医薬品情報管理室】

帯状疱疹を繰り返します。予防のワクチンはありませんか?

a-1帯状疱疹は、水疱瘡(みずぼうそう)のウイルスが原因の、痛みをともなう皮膚湿疹のことです。 症状には個人差がありますが、多くの場合、からだの一部にチクチク、あるいはピリピリとした痛みを感じることから始まり、やがてそこに紅斑(少し盛り上がったような赤い湿疹)ができ、続いて水疱ができて破れ、皮膚がただれ、かさぶたができます。

2016年3月18日付けで、「50歳以上の者に対する帯状疱疹の予防」が追加されました。

年齢が該当するようでしたら、一度かかりつけのお医者さんに相談してみてください。

作成年月日:2016.4.27

【倉敷店 医薬品情報管理室】

詳細はこちら