糖尿病の運動療法、どうして必要なんですか?またどんな運動をしたらいいですか?

日本人の糖尿病の多くを占める2型糖尿病は、遺伝的要因に加え、食べ過ぎや運動不足などの悪い生活習慣の積み重ねが原因となって起こります。現在は運動不足に陥りやすい生活環境となっているので、意識して体を動かすことが大切なのです。しかし運動療法は正しく行わないと十分な効果が得られないだけでなく、糖尿病の症状や合併症を悪化させる場合があります。網膜症がある人、腎機能が低下している人、心臓病のある人、血糖コントロールが極端に悪い人など、状態によっては運動をしてはいけない場合や制限される場合があります。そのため運動療法を開始するにあたっては、事前に主治医に相談し、運動をしてもよいかどうかの指導を受けることが大切です。

糖尿病の運動としては有酸素運動とレジスタンス運動があり、有酸素運動とレジスタンス運動を組み合わせることによって、より良い治療効果が生まれることが明らかとなりました。

〇有酸素運動

継続して行うことでインスリンの効きがよくなります。ウォーキング(速歩)・ジョギング・水泳・自転車など,できるだけ大きな筋を使用する運動をさします。

少しい息が上がる程度の運動をできれば毎日、少なくとも週に3~5回、各20~60分間行い、1週間の合計150分以上の実施が勧められています。運動習慣のない人の場合には、日常生活の中で通勤時や買い物時に歩行を取り入れることなどから開始し、段階的に運動量、運動強度を増やしていきましょう。

〇レジスタンス運動

筋肉量を増やし、筋力を増強する効果があります。腹筋、ダンベル、腕立て伏せ、スクワットなどのおもりや抵抗負荷に対して動作を行う運動を言います。週に2~3回、8~10種目のレジスタンス運動を1種目につき、10~15回を1セットとして1~3セット繰り返すことが勧められています。レジスタンス運動の種目・セット数などを徐々に増やして実施することが推奨されています。

水中歩行は有酸素運動とレジスタンス運動がミックスされた運動で、膝にかかる負担がすくないのでお勧めです。個人の好みにあった運動を取り入れるなど段階的に行い、安全で、運動の楽しさを実感できるように工夫していくことが継続のポイントです。

 

糖尿病の基本は食事療法と運動療法ですので、食事療法もお忘れなく・・・・

作成年月日:2020年8月5日

蚊にさされるとどうして痒いのですか?

蚊は人間の皮膚を刺してまず唾液を注入します。この唾液は、人間が痛みを感じなくさせる麻酔成分と、血を吸いやすくするための血が固まらなくなる成分が入っています。

かゆくなるのは、この成分に対するアレルギー反応です。アレルギー反応が起きると、身体の細胞から「ヒスタミン」という成分が放出されます。このヒスタミンが神経を刺激して、「かゆい」という感覚が発生します。

蚊にさされた時のアレルギー反応には「遅延型」と「即時型」の2つのタイプがあります。これらの反応は年齢とともに変化します。一般に乳幼児は、刺されて1~2日後にかゆみが現われる「遅延型」が多く、その後、大人になると症状がすぐでる「即時型」が現れるようになると言われていますが、個人差があるので一概には言えません。

かゆいからといってかきむしると、かき傷から細菌が入ることもあるので注意が必要です。

何もしなくても痒みは自然に治まりますが、痒みが強ければアイスノンや氷で冷やすと痒みが落ち着きます。

乳幼児の「遅延型」の場合は、炎症を抑えるステロイド外用剤が有効ですが、使用にあたっては医師や薬剤師に相談してから使用してください。(処方せんなしで買えるステロイド外用剤もあります。)

(さらに…)

高齢者には口腔ケアが重要だと聞きました。どうしてですか?

年齢を重ねると体にはさまざまな変化が現れますが、それは口の中も例外ではありません。高齢者の口腔内でも以下のような問題が起きています。口腔ケアをきちんと行うことで、高齢者がいつまでも自分の口で食事を食べ、QOL(生活の質)を高め、日常生活の満足感を得て、心も体も健康を維持することができるからです。

①身体機能が衰えて唾液の分泌量が減って、口腔内の自浄作用が低下している状態になっています。

② 加齢によって歯茎が下がり歯の根元が露わになると、そこから虫歯になりやすくなります。また、高齢者の口腔内は自浄作用が弱まっているため、本来は唾液で洗い流されるはずの細菌が増殖し、歯周病にもかかりやすい状態になります。また加齢による免疫力の低下で虫歯や歯周病菌が増えやすくなっています。

③高齢者は、歯の詰めものなどの治療跡が残っている人も少なくありません。また、入れ歯を使っている人も多くなります。詰め物をしている場合は、その下で虫歯が進行していることがあり、入れ歯を使用している場合は、入れ歯と粘膜の隙間に細菌が繁殖しやすくなります。

④口の中の自浄作用が低下しているため、舌の表面に舌苔が付きやすく、味を感じにくくなったり、味覚が変化したりすることがあります。

⑤噛む力の低下や服用している薬の影響で唾液の量が減り、口の中が乾燥しやすくなります。ドライマウスは虫歯や歯周病の進行、また、雑菌の繁殖による口臭の原因になります。

口腔ケアをしっかりすることで、唾液の分泌を促し、感染症や誤嚥性肺炎の予防、しいては認知症予防にもつながるので口腔ケアが重要だと言われています。

作成年月日:2020年7月28日

子宮頸がんの原因となるウイルスとワクチンについて教えてください。

「子宮頸がん」とは、女性の子宮頸部にできるがんのことで、子宮頸がんの発生にはヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスが関わっています。このウイルスは、子宮頸がんの患者さんの90%以上で見つかっています。HPVに長期感染することでがんになると考えら、性交渉の経験がある女性のうち50%~80%は、HPVに感染していると推計されています。HPVには、100以上の種類がありますが、子宮頸がんの高リスク型HPVとしては、16、18、31、33、35、39、45、51、52、56、58、59、68 型があり、その中でも16型、18型、31型、33型、35型、(45型)、52型、58型の感染が有意なリスクであることが報告されています。  子宮頸がんのワクチンはHPVの感染を予防するもので、すでにHPVに感染している細胞からHPVを排除する効果は認められていません。したがって、初めての性交渉を経験する前に接種することが最も効果的です。現在世界の80カ国以上において、HPVワクチンの国の公費助成によるプログラムが実施されており、海外ではすでに9価HPVワクチンが公費接種され、90%以上の子宮頸がんを予防していると推定されています。この9 価ワクチンが日本でも2020年7月に承認されました。

(さらに…)

アルコール依存症について教えてください。また薬で治りますか?

アルコールは依存性とは、長期間にわたってアルコールを大量に飲み続けることによってアルコールを飲まないといられなくなる状態に陥る病気です。現在、日本では80万人以上がアルコール依存症を患っていると推定されています。アルコールは適量の摂取であれば深刻な健康被害を引き起こすことはありません。しかし大量に飲み続けると脳の仕組みが変化し、猛烈にアルコールを欲するようになります。そのため気持ちの高ぶりやイライラ感が生じ、動悸や発汗、手の震え、不眠などの身体症状が現れるようになると言われています。中にはアルコールによる肝障害などを発症するばかりでなく、朝から飲酒をする、仕事中に隠れて飲酒をするなど社会生活に支障をきたすケースも珍しくありません。

アルコール依存症に対する薬物療法としては以下の3種類の薬があります。

  1. 飲酒量の低減薬:ナルメフェン(商品名セリンクロ錠)                        飲酒の1~2時間前に服用することで、中枢神経系に広く存在するオピオイド受容体調節作用を介して飲酒欲求を抑え、アルコール依存症患者さんの飲酒量を低減します。
  2. 抗酒薬:シアナミド(商品名シアナマイド)、ジスルフィラム(商品名ノックビン)           アルコールを代謝する酵素の働きを抑えるので、アルコールが分解されずにいつまでも体内に残り、不快な酔い方をさせ、禁酒の動機づけとします。抗酒薬を服用していれば、飲酒をしたくなるような出来事があった場合にも「飲んでも気持ち悪くなる」という状態にし、心理的に飲酒を断念しやすくします。
  3. 飲酒欲求を減少させる薬:アカンプロサート(商品名レグテクト)                   アルコール依存症の場合は、飲酒によってグルタミン酸作動性神経活動が活発になり、興奮状態をもたらすグルタミン酸が減少してくると、強い飲酒欲求を感じます。 このお薬は、グルタミン酸作動性神経の働きを抑制する作用があるので脳が興奮を覚えなくなり、飲酒に対する欲求も抑えられます。ただし、単に飲酒量を少なくする薬剤ではないので、服用にあたっては断酒していることが前提とされます。

作成年月日:2020年7月22日

お酒の量が徐々に増えてきて心配です。お酒の量を減らした方がいいですか?

一般に「節度ある適度な飲酒(正常飲酒)」レベルの人は、酒量を減らす必要はないでしょう。酒量を減らす対象となるのは、多量飲酒者やプレアルコホリックです。厚生労働省は「健康日本21」の中で「節度ある適度な飲酒」とともに「多量飲酒」にも明確な定義をしています。

「多量飲酒」とは「1日平均60グラム以上の飲酒」です。アルコール関連問題の多くはこの多量飲酒者が引き起こしていると考えられています。「健康を守るための12の飲酒ルール」では、飲酒は1日平均2ドリンク以下に、女性・高齢者は更に少なめに・・・と提唱しています。          

                            作成年月日:2020年7月22日

標準飲酒量(g)

1ドリンク

1日の許容量(g)
男性 女性
オーストラリア 10 40 20
英国 8 24~32 16~24
米国 14 28 14
日本 10 20 男性より少な目

 

 

 

*1ドリンクの量

1ドリンク 適度な飲酒
mL 目安
ビール・発泡酒(5%) 250mL 500mL 中ビン、ロング缶1本
チューハイ(7%) 180mL 360mL コップ2杯または350mL缶1本
日本酒(15%) 80mL 160mL 1合
ウイスキー・ジン 30mL 60mL シングル2杯
ワイン 100mL 200mL ワイングラス2杯弱

 

 

 

冷たい湿布と温かい湿布の使い分けを教えてください。

冷湿布には、冷たさを感じるメントールが配合されており、温湿布は温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシンが配合されており、皮膚の感覚(心地良さ)に違いがあります。どちらの湿布も、血流の滞りを改善させるほどの筋肉の温度変化はみられないと言われています。
《冷湿布》筋肉痛やぎっくり腰・ねんざなど、急性の痛みの緩和に効果的です。炎症がある・腫れている・熱を持っている時は、冷たい冷湿布が良いでしょう。《温湿布》肩こりや腰痛・神経痛など、慢性的な痛みに効果的です。。主に、血行の改善を狙った湿布で、血液循環の改善および新陳代謝促進をもたらし、関節・筋肉の鎮痛効果が得られます。患部をお風呂で温めたり、撫でたりさすったりして気持ちが良い時は、温かい温湿布がよいでしょう。ただし局所刺激が強めなので皮膚が弱い方は注意が必要です。基本的には、冷感と温感の『どちらが気持ち良いか』で使い分けるのが良いと言われています。飲み薬と違って全身に作用しない分、副作用が少ない治療法と言えますが、不必要に貼ると副作用の危険性も出てくることも忘れないでください。

作成日:2020年7月14日