Q.1回の点眼滴数は何滴が適当ですか?

目の目的でない限り点眼滴数は通常1回1滴で十分です。

健康成人の目覚めている時の涙液分泌量は約1.2μL/分。点眼液の1滴量は30~50μLの範囲内です。結膜嚢の最大保持能力は約30µL,涙液量は約7μLであるため,点眼液量を増やしても大部分は結膜嚢から眼外へあふれ出るか,まばたきによって涙液と混じり合い,涙液の流れと同様に涙点から涙嚢を通って鼻涙管へ排出されます。
目薬の一部が目頭にある管をとおって鼻の方へ流れ,鼻腔から咽頭部,消化管へと流れていますが,涙道を通る間に一部鼻涙管粘膜から全身循環に移行し,全身性の副作用として現れることもあります。むやみに点眼滴数を増やす必要はありません。これを防ぐため,点眼後,目頭をおさえ,静かにまぶたを閉じて,しばらくまばたきをしないようにします。さらに結膜嚢から眼外へあふれ出た点眼液は,その成分や添加剤により瞼などの炎症を起こす可能性もあるので,あふれた点眼液は清潔なガーゼやティッシュでふきとるなどの注意が必要です。
*結膜嚢内洗浄目的で2~3滴点眼することがあります。

作成年月日:2011.5.2
【医薬品情報管理室, 学術チーム】