新型コロナウイルス消毒液の次亜塩素水と漂白剤の次亜塩素酸ナトリウム(ハイター、ブリーチなど)って同じですか?

名前は似ていますが、全く別物です。 「次亜塩素酸ナトリウム」は、塩素系漂白剤などの主成分として用いられるアルカリ性の物質で、従来から新型コロナウイルスの消毒に使われています。次亜塩素水についても2020.6月に経済産業省から注意事項を守って適正に使用すれば消毒効果があるという見解が発表されました。

その内容は

1.流水でかけ流す時:有効塩素濃度35ppm以上。汚れをあらかじめ落としておき、十分な量を使う。

2.拭き掃除に使う時:有効塩素濃度80ppm以上。汚れをあらかじめ落としておき、十分な量を使う。

3.噴霧には使用しない。

【次亜塩素水と次亜塩素酸ナトリウムの違い】

次亜塩素水 次亜塩素酸ナトリウム
有効成分 次亜塩素酸 次亜塩素酸イオン
pH 弱酸性 強アルカリ性(pH12以上)

 

新型コロナウイルスに有効な消毒方法です。

手指 物品
石鹸、ハンドソープによる手洗い
アルコール(60%以上95%以下)
熱水(80℃10分)
塩素系漂白剤等(次亜塩素酸Na0.05%以上)
家庭用洗剤等(界面活性剤、第4級アンモニウム塩)*

住宅・家具用製品:そのまま

台洗剤:100分の1に希釈、布に浸してふき取る

(△)
次亜塩素水

拭き掃除(80ppm)

流水かけ流し(30ppm)

*新型コロナウイルスに有効な界面活性剤が含まれている製品リストは以下のURLでご確認ください。

https://www.nite.go.jp/data/000111301.pdf (2020.6.26版)

https://www.meti.go.jp/press/2020/06/20200626012/20200626012-1.pdf

作成年月日:2020.7.2